2019年08月01日

2019 AUG


今月のジャズライフ
「柳の下にドジョウが3匹いる」?

「柳の下にいつもドジョウがいるとは限らない」という有名なことわざがあります。
一度うまくいったからといって、同じやり方で何度もうまくいくとは限らないという意味なのですが、「柳の下にドジョウが3匹いる」というのは、このことわざをもじったスラングで、広告業界や音楽業界などで言われていることです。
意味はもちろん、うまくいったパターンは3回くらいまでなら、同じやり方でうまくいくという意味です。

ジャズ・フュージョン界にも、そんな傾向がありました。
1980年にサックス奏者のグローバー・ワシントン・ジュニアがリリースした「ワインライト」が大ヒットしました。
甘美な演奏もさることながら、客演したビル・ウィザースが歌う「Just the Two of Us」が予想外に売れたのです。当時は、FMでもよく流れていましたし街中でも耳にするほどでした。
ジャズ界では、とてもめずらしい出来事だったと思います。
その後にクルセイダーズがランディー・クロフォードを起用しタイトル曲「ストリートライフ」を歌い、これまたヒットしたのですが、「ワインライト」には及びませんでした。
しかし、ボーカル曲を組み込むと売れるという戦略がレコード会社に広まったのでしょう。その後も、ボーカルを起用したアルバムが続出しましたが、僕の知る限りでは柳の下にドジョウは3匹はいなかったようです。

食の世界では、“柳の下にドジョウが3匹いる”のような二番煎じは結構あることですが、アーティスティックなものを求められる音楽業界ではなかなか難しいようです。
「Just the Two of Us」は、未だにFMや有線でも流れる名曲です。

ワインライト.jpg


ホッとニュース
身近なニュースに目を向けろ!
若林区荒井の開発は、震災後の近年ではめまぐるしいものがあります。
地下鉄が通ったことが街の反映に大きく影響しているのを目の当たりに出来ます。
TUTAYAと建物を同じくするスターバックスコーヒーも進出は早かったですが、最近ではフラットホワイトコーヒーファクトリーも荒井に3店舗目をオープンしました。
若い世代が集まるニュータウンはビジネスチャンスでもありますが、資本力のある企業の進出が目立つばかりで個性ある街づくりは難しいように感じます。
そして、大型スーパーにバーターの様に人気店が集まる景色も飽きましたが、こうした大型スーパーやデベロッパー主導の街づくりはいつまで続くのでしょうか。


ところで、我がまち塩釜だけは有名店が撤退していく珍しいまちでもあります。
要因は色々あるのでしょうが、数十年前にまちがベッドタウン化したことと、その世代が今は高齢化しているため、若者をターゲットにした大手の参入が今後もむずかしくなっているように思えます。
しかし、それは小規模店進出のチャンスでもあります。
気仙沼や石巻、名取の発展を見ていると取り残された感がありますが、悲観せずに新しい何か(個性)が生まれてくることを切に願います。


暮らしが楽しくなる道具
音楽はいい仕事をさせてくれる
先日、手持ちのオーディオの断捨離をしました。
2年前に店舗用にと購入したスピーカーも使わず仕舞いだったので、ヤフオクに出品したところ、すぐに落札されました。
購入してくれた方は、70歳になる方でオーディオ入門だそうです。
これから音楽を楽しむのだとお礼のコメントがきました。
私も30代の頃にオーディオとジャズにハマり、相当なお金をつぎ込みましたが、今はあまり人生に入り込まない程度にコンパクトなシステムで楽しんでいます。
オーディオの趣味は、車の趣味と似ているところがあります。
自分の好きな音で楽しみたいとカスタマイズするからです。
よく、スピーカーをドライブするという表現があるのですが、自慢のアンプでスピーカーを騒動する感覚は、高速道路を飛ばしたり、街中を流している感じに似ています。

僕の音楽を楽しむためのツールはというと、6,7年愛用しているiPod shuffleを快適に楽しむことができるヘッドフォンです。
耳に引っ掛けるだけで、コードレスで操作もわずらわしくなく手軽にどこでも音楽が楽しめます。

厨房で仕込みをしているときに、気分をのせるために聴く事もある大事なツールです。

ヘッドフォン.jpg



posted by マスター at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記